職業準備性ピラミッド

職業準備ピラミッド

就職するにあたっては、前提として就職しその「継続」ができる状態になっていることがとても大切です。

就職活動を行っていくにあたっては、その前提を踏まえた上で準備を行っていくことがとても大事になってきます。

働き続けるためには、単にその職業におけるスキルを持っているだけではなく、その他にも様々なスキルが必要となります。

職業準備性ピラミッドとはそれらを表した図であり、「健康管理」「日常生活管理」「対人技能」「基本的労働習慣」「職業適性」など、5つの能力に分類されています。

これらの能力は下から順に身に付けている必要があり、下の階層の基礎が出来ていないと働き続けることは難しいとされています。

ルーツでもその5つのステップに沿って、就職しそれを継続することを目指していきます。

  • \ ステップ /1

    健康管理

    仕事をするにあたっては、メンタルの不調により突然休むことや体調に波があることなどはできるだけ少なくするようにすることが最低限となります。
    まず始めに、睡眠や食習慣の改善、ストレッチを行うなど健康面を整えることから始めていきましょう。
  • \ ステップ /2

    日常生活管理
    (生活リズム)

    仕事をする上で日常生活の乱れは病気を再発し、それが遅刻や欠勤などにつながり就労継続が難しくなる要因ともなります。
    通所や日常生活を安定して送る習慣を身に付けていきましょう。
  • \ ステップ /3

    対人技能
    (コミュニケーション)

    仕事では組織に所属していても独立して仕事をしていても、対面・電話・メールなど、必ず人と接して仕事をする必要があります。
    様々な場面をテーマとしたワークを通して、円滑なコミュニケーションスキルを学んでいきましょう。
  • \ ステップ /4

    基本的労働習慣
    (ビジネスマナー)

    基本的労働習慣とは、あいさつや報連相、身だしなみや規則の遵守など基本的なビジネスマナーを指します。
    社会人として働く上で、ビジネスマナーは必ず身に付けておきたい知識です。ルーツ新大阪で実践的な「ビジネスマナー」を身に付けていきましょう。
  • \ ステップ /5

    職業適性

    職業適性とは業務を行う上で必要なスキルのことです。例えば「業務処理能力・作業速度・持続性・正確性・創意工夫など」が挙げられます。
    ルーツ新大阪では、本人の希望なども聞きながら、その業務に必要な能力などを探していくサポートもさせていただきます。

いろいろな職種

ルーツ新大阪では、オフィススキルやプログラミング、WEBデザインなどのスキルを学び就職を目指す人も多くいます。

「スキルを学んだとして、いったいどんな就職先があるの?」

という人のために、学びたいスキルごとに目指せる職種例をピックアップしました。

学びたいスキルをクリック!

「WEBデザイン」を学びたい!

WEBデザイナー

【仕事内容】

Webデザイナーとは、目的やターゲットに合わせたデザインをPhotoshopやillustratorなどのツールを使用して作成し、そのデザインをもとにHTMLやCSSなどの言語を使用してWEBサイトを制作する人を指します。

近年はスマートフォンユーザーが増加し、WEBサイトのスマートフォン対応は必須となっています。情報の「見やすさ」「伝わりやすさ」だけでなく「操作性」などを考えたデザインが求められます。

【Webデザイナーになるには】

Webデザイナーになるのに特に必要な資格はありません。専門学校や大学に通いじっくり学ぶという方法もありますが、独学で学んで知識とスキルを身につけ、未経験で仕事CSSに就くことも可能です。

自由度が高い分、実際にスキルや知識を持っているかが重視される職種となります。

【主な就職先】

広告代理店・制作会社、インハウスデザイナーなど

【業務内容】

デザイン/UI・UX設計/フロントコーディング/プログラミング

【必要なスキル】

・Photoshop
・Illustrator
・HTML/CSS/javascript/Wordpress

「プログラミング」を学びたい!

WEBエンジニア

【仕事内容】

Webエンジニアとは、Web上で利用されるシステムやアプリケーションなどの設計やプログラミング言語を用いた開発を行う仕事です。

また、開発したシステムなどを安定して稼働させるために保守・運用業務も行います。

開発はチームで行うことが多く、全体の進行状況、情報共有などのコミュニケーション能力が求められます。

問題に対して向き合う意識や、技術の移り変わりが激しい世界で新しい技術を追い求める姿勢も重要です。

【Webエンジニアになるには】

Webエンジニアになるのに、特に資格などは必要ではありません。

必要なスキルや知識・経験を持っているかで判断されますが、企業によっては、IT系の資格を募集要件に入れている企業もあります(基本情報技術者・応用情報技術者・ITパスポートなど)ので、それらを取得しておくのも一つの手でしょう。

【主な就職先】

システム開発会社、一般企業のシステム部など

【業務内容】

Webサービスの設計/開発/保守

【必要なスキル・知識】

・PHP・Ruby・JavaScriptなどのプログラミング言語
・データベースに関する知識
・セキュリティに関する知識
・ネットワークに関する知識
・サーバーに関する知識

「オフィススキル」を学びたい!

事務職

【仕事内容】

事務の業務幅は広く、企業の規模や部署・業界によって業務が細かく分けられます。

例えば、一般事務は書類作成・電話対応などを担当します。総務では勤怠管理などを担当します。

つまり、社内外の人のサポートをする、「縁の下の力持ち」といえる存在です。

また、業務効率化のため、多くの企業ではExcelやWordなどOfficeを使用しています。しかし今後は手順が決まった作業はAIに代替されることが予想され、より一層PCスキルが求められます。

【事務職になるためには】

事務職になるために必須の資格はありません。スキルやコミュニケーション力を身につけていれば、未経験でも応募可能な求人があります。

スキルを就職活動でアピールする場合、MOS(ExcelやWordなどのスキルを証明する資格)3級以上を取得するとよいです。

【業務内容】

書類作成・管理/備品管理/伝票処理/顧客応対/給与計算

【必要スキル】

・基本的なPC操作(Word・Excelなど)
・柔軟性
・スケジュール管理能力
・コミュニケーション能力
・ビジネスマナー

ルーツ新大阪のカリキュラムは他にも動画編集・写真撮影など
クリエイティブスキルも学ぶことも可能です。
それらのスキルは、一つの武器として
様々な職種で役立ちます!

就職活動の準備

職業準備性ピラミッドを進んでいき準備が出来てきたら、いよいよ就職に向けた準備に取り掛かります。

ここからは就職活動でしていくことを、一つ一つ具体的に説明いきます。

自分を知る

・働くことについて整理する

 自身が働くにあたって大事にしたい価値観や条件などを整理していきます。

・自己分析

自身の得意な事、苦手な事。やりたい事、やりたくない事を整理していきます。

仕事を知る

・職種研究

自己分析で知った自身の能力や価値観に照らし、希望職種を絞り込んでいきます。また、その職種のメリット・デメリットや必要なスキルもこの段階で調べておきます。

・業界研究

希望する業界の市場規模や動向も調べていきます。

・企業研究

職種研究・業界研究が済みましたら、様々な企業の経営理念や経営方針、扱っている商材や社風などを調べていき、自身に合う企業を見つけていきます。

対策する

・応募書類の作成

「履歴書」「職務経歴書」「障がいについての説明書(配慮事項やどういった症状があるかまたそれらに対する対処法などを記載したもの)」「送付状を作成する」

・志望動機、自己PRを考える

志望動機は「なぜその企業がいいのか?」、自己PRは「その企業で自身はどんなことで貢献できるか?」というように、企業ごとに変えていく必要がありますので、応募する企業について調べ、志望動機、自己PRを考えていきます。

・就活マナーを学ぶ

面接に適した服装を選ぶ、髪形を整える、時間には余裕を持って行動する、電話やメールでのマナーなど、就活に必要なマナーを学びます。

・適性検査や筆記試験対策

応募企業によって、適性検査やSPI試験などがある場合はそれらの対策をします。

・模擬面接

これまでの準備をしっかりと行ってきても、いざ面接本番となると緊張するものです。
模擬面接を行ない、想定外の質問が来ても慌てずに落ち着いて答えれるように練習しておきます。

ルーツ新大阪でできること

ここからは、就労において重要なことをお伝えします。

就労において大切なのは、企業とのマッチングです。

クリエイティブでも事務職でも軽作業でも重要なのは企業との相性です。

相性が良ければ、障がいや職種などに関係なく気持ちよく働けることができ、定着へとつながっていきます。

ルーツではIT業界での就職を目指す方が多くいらっしゃいますが、

一般の職種にも対応できるように幅広いカリキュラムをご用意しております!

お気軽にお問い合わせください!